ブログと日記は似て非なるもの

気軽にブログを始めたのはいいけれど、さて次は何を書こうかと悩んでいる人は多いかもしれません。

毎日のように書くとなるとそれなりに心理的・時間的負担が大きいし、また書く間隔をあけてしまうと次に書くのが億劫になってしまいます。

これはたぶん、私のように、書く内容とその目的をはっきりさせないでブログを開いてしまったときに生ずる問題なのでしょう。

書く内容というか、書きたいジャンルがほぼ決まっていれば、主題に沿って書くことで何を書いたらいいか分からないということもないでしょうし、また、しばらく書かないことが続いても、時間がたてば自然に書きたくなってくるものだろうと思います。

 

しかしブログを書き始めるとき、私のように、日記風にいろいろ書くつもりで始める人は少なくないと思います。

そのような人は、従来からまめに日記をつけたりしていて、それをブログの形式に移し変えてしまえば、日記をつけるよりかえって楽になるだろうと考えていたかもしれません。

ですが、日記は本来他人に見せるものではないので、いわば何でも書くことができます。
自分の悩みや怒り、悲しみ、他者への意見や感想、社会で起こった出来事など、なんのてらいもなく書くことができます。
文章にしても、後で人に見せようなどと思わなければ、その出来をそれほど気にする必要もありません。

でも、ブログとなるとそうはいきませんね。
たとえそのブログの題が、良くあるような「・・・日記」というものであっても、本当の日記のようになんでも書けるわけではありません。

誰が読むかもしれないものに自分の心情や信条をすべてあからさまに出すことはできませんし、他者や社会についての記述も相当気をつけなければいけません。
それに、日記以上に、書く内容の信憑性にも気をつけなければなりません。

ですから、純粋に日記形式のブログであっても、それは日記というより、記述内容が取捨選択され、場合によっては自分の意見や感想を取り混ぜた日誌あるいは備忘録、という形にならざるを得ません。

しばらく前に亡くなった元アナウンサーの方の有名なブログ記事も、日記風ではあっても日記でないわけで、書きたいことであっても書いていないことが多々あろうことは、その内容からも読み取れるように思います。

 

結局、ブログは人に見せるもの、さらに言えば見てもらえなければブログを開設した意味も薄れるというつもりで書く必要があり、日記の延長で書き始めようとは思わない方が良いということになります。

私のような初心者は、ブログは、日記風に気軽に書こうと思うほどいずれ書けなくなってしまうし続かなくなってしまうもの、と理解しておいたほうがきっと良いのでしょう。